暴れん坊であまえんぼ

ガラスと布と猫が好きなカイヌシと、爆走ヘソ天ゴロニャン娘の『ルチル』&いつでもハラヘリボウズ『チロル』の日常です

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09-10

2009

子猫パニック

昔の考え方では、『猫は冬に発情しない』なんてことがあったそうですが、とんでもない!
食の欧米化がすすんで、日本人の病気や体質に変化がみられるように、猫だって変化しております。
しかも今年は休む間もなく子猫・子猫・こねこ・こにゃご!!
もう100匹は超えた状態・・・オソロシヤ。
910.jpg
私達保護活動をしている者にとって、頭をかかえるのは動物嫌いの人ではありません(虐待は論外ですが)。
困るのは、ただ餌をあげる人。
食べ物は必要だと思います。
でもね、人の家の前に勝手にキャットフードや残飯をおいていったら・・・それは迷惑だと思いませんか?
別の場所に誘導して、食べるのを見届けるなりの配慮も必要だと思います。
それに、食いつなぐ為の食物は必要ですが、逆にその行為のみを続けると、飢える猫がどんどん増えるということに気づいて下さい。
910-2.jpg
もちろん餌をやるなとは言いません。言えません。
出来ればあと一歩ふみだして、地域のボランティアさんにアクセスし、捕獲の為に餌やりの調整を行っていないか、捕獲したいが人なれしていないと言われている猫が、実は自分にはなついている・・・などの情報のやりとりをしてください。
保護・里親募集ばかりがボランティア活動ではありません。
910-3.jpg
資金調達のため使用可能な不用品を回収している所もあります。
まだまだ綺麗だけど、タンスの肥しになっている洋服・・・ありませんか?
もらったものの処理に困っている贈答品はありませんか?
募金=現金とは限らないんです。
各ボランティアさんによって違いがありますので、少しでも興味のある方は、是非お近くで活動されている方を探してみてください。

それでは、最後に代表して錆川さんから一言
















910-4.jpg
”サビかーさん”こと、錆川さん。
彼女は見た目とはうらはらに、とっても子煩悩で自分の子供でなくても一生懸命面倒をみます。
威嚇する彼女の迫力は愛情深さの表れ。
あまりに人なれしていなかったため、出産・育児後はリリース予定でしたが、人が増やした野良ちびたちを一生懸命育て続ける彼女の姿に心をうたれ、気長にみていてくれる人を探す方向となりました。
錆川さんを見ていると、昔のよき日本の姿を想像します。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

10-04

2009

啓蒙days

9月26日27日は、啓蒙&譲渡会の日。
この日は丁度たくさんのボーダーコリーが遊びに来ていて、何とも絵になる光景でした。
927-5.jpg

涼しくなってきたので猫達も参加。
きちんと並んだ寝姿を横目に10月に福岡香椎花園にて行われるキャンピングカーフェア用に荷物の下準備をしておりました。
927-2.jpg

キャンピングカーフェアは10月10~12日の間開催しています。
シルバニアガーデンのある香椎花園とフェア、3連休に遊びに是非どうぞ♪
詳細はこちら

キャンピングカーといえば、犬も一緒にキャンプにBBQと、楽しそうですね。
でもお出かけは犬と、帰宅後は猫とほっこり・・・もいいもんですよo(≧▽≦)o
2.jpg
るっちゃん、何でいっつもそんな寝相なの・・・。

05-04

2011

博多どんたく

昨日・今日と、福岡は『博多どんたく』です。
本来はしゃもじをもって踊るお祭りなのですが、いろいろと姿を変えておりまして踊りも様々。そして昨日は念願の参加者での参加となりました
ねり歩き隊・・・ってことで、旗を持って歩くだけなのですが、こういったお祭りに参加する機会ってなかなかないので嬉しい~!
(そういえばこちらでは他県のお祭りを見に行った時のレポをしていなかったですね・・・なるべく転記します

今回は動物関係の専門学校生など、学生さんで構成された『チャイルドオブアース』と、市役所関係者、民間動物ボランティアみんなで参加の『わんにゃん・どんたく隊』で参加。鑑札や迷子札など、飼育モラルの向上とそれらに関連するイベント『わんにゃんよかイベント』のPRをしました。
98-2.jpg

おうちの子に狂犬病予防注射していますか!?
鑑札・・・つけていますか!?
96.jpg

名札・・・ちゃんと作ってありますか?しまいこんでちゃ意味がないのですよ~~~!??
97.jpg

手作り猫しゃもじ(こんなしゃもじ欲しいな)
94.jpg
ひっくり返すとわんこしゃもじ。
95.jpg

全体的にはこんな感じでした。
100.jpg
前方にチャイルドオブアース&市役所関係者の若いオンナノコ達の猫踊り隊(楽曲:ゆずの夏色)。後方が旗持ちのねり歩き隊。
ちらりと写っている着ぐるみ隊のぷーさんもどきがとても動きが良く、子供から大人までずっと声がかかるほどの人気でした。
あの姿でオシリぷりぷり踊られたら悩殺でしょうなぁ・・・。


子供の頃は、動物管理センター(旧保健所)は犬猫を殺す、良くない場所・・・というぼんやりとしたイメージがありました。
大人になっていろんな人といろんな話をするきっかけが得られるようになり、職員さんの中には動物が好きなのにこの仕事に配属され、『逃げてくれ』と思いながら捕獲に向かい、自宅でも保護するもキャパもいっぱいで泣く泣く処分のボタンを押す日々を過ごしていた人もいる事を知りました。
今の職員さんが殺処分のボタンを押すのを拒否しても、他の人にかわるだけで止めることは出来ません。

でも、それも今の状態なら・・・です。

市役所関係者が、こういったイベントに犬猫の為に参加するなんて、少し前ならあっただろうか?

こうしてほしい、ああして欲しいという考えや気持ちはみんな色々あると思います。
こうする為にはどうしたらいいか?ああするためには自分もどこを譲歩すべきか?
受け入れてもらう為には、相手のことも受け入れる必要があると思いませんか?

各ボランティアが横のつながりを持って、官庁関係者と連携することを理想として、TIAプロジェクト(福岡)では毎月第2土曜日に市役所・管理センター関係者を招いて話し合いを行っています。
個人からしたら官庁関係者は何とかできる権利を有していると思いがちで、つい希望をいろいろと言ってしまうのですが、わかりやすく言えば彼らは中間管理職の状態かな・・・と思います。
部下(私達)には不平不満を言われ、しかし上司(法律や国とか)に決定権があるので彼らにはそのままではどうにも出来ない。かといって、社内(同じグループ内など)で愚痴っててもどうにもならない。
なので、一般社員(私達)が一丸となって、会社(法律など)にデモやスト(署名や投書など)をする必要があるわけです。

TIAプロジェクト、参加随時受付中です!詳細はフォームよりお問い合わせ下さい


さてさて、ここからは去年の画像になりますが、博多どんたくの画像をお楽しみ下さい

20110504.jpg
20110504-2.jpg
↓鉄道各社のキャラでは一番好きな『西鉄のニモカ』
20110504-3.jpg
↓西鉄の楽隊。みんな腰にニモカストラップ着用。
20110504-5.jpg
↓JRの巨大バルーン
20110504-6.jpg
↓JR九州の楽隊
20110504-7.jpg
↓九大の応援団。高下駄になんか感動。
20110504-8.jpg
↓外国からの参加もあります。タイもありました。
20110504-9.jpg
↓南京玉すだれ。バナナの叩き売りとか、いろんな愛好会も参加。見ていて楽しいです
20110504-10.jpg
↓大濠高校吹奏楽部。マーチングバンドとしてのあまりの完成度の高さにはじめ高校生と気づかなかったぐらい見とれていました。・・・なので後ろ姿の撮影がやっとでした
20110504-11.jpg
↓この日は天気がとてもよかったので、鎧や消防服でのパレードは大変だったでしょうね・・・
20110504-12.jpg20110504-13.jpg
↓自衛隊の楽隊。きびきびとした統率のとれた動きはさすが!でした。
20110504-14.jpg
↓おごそかな祭りもいいけど、みんなで楽しく♪が好きな私にはドツボだった日向のひょっとこ踊り。
1度は本場に見に行くつもりです。今年は参加時間の関係で見れなくて残念
カッポレも見れなかった~
20110504-15.jpg
↓ちびっこひょっとこがかわいかったですよ
20110504-16.jpg

08-07

2011

新顔さん*ちえさん*

今日はわんにゃんよかイベントの日。
とりあえず様子を見にいくか~と行ってきました。
何匹かの犬猫がトライアルに決まっていました。
今回はTV局がきていたり、2000人目の来場者記念クス玉もあったり。
私はというと、来月の慰霊祭(殺処分になった子たちの)にむけての万羽鶴をせっせと折る事約20羽。
結局鶴を折っただけで帰宅~・・・?

20110807.jpg
『ねぇ…かーさん、アレなんなの?



20110807-2.jpg
アレはね、猫という生き物ですよ。
ちなみにルチルも猫なのですよ。

預かりっ子がやってきました。

以前にも預かりの話はあったのですが、なんやかんやで流れてしまっていたのです。

ルチルのやんちゃっぷりにも振り回されないような子ならいけるかな~?と言うことで、育児を終えたサビ猫さんが我が家にやってきました。

そう

サビ猫・・・

絵面的に、譲渡会でも子猫であっても『かわいい』とはなかなか言ってもらえないサビ猫。
今日も『この子は残念な顔だちをしているわね』と言われたばかりのサビ猫(←言われたのは生後2ヶ月ほどの子猫・・・)


20110807-3.jpg
『じ~~~~』

20110807-4.jpg
『残念な顔・・・ねぇ・・・』

20110807-5.jpg
『愛嬌のある顔に見えるけど…

20110807-6.jpg
『ライバル登場の予感だわ』


管理センターで殺処分を免れ、育児もひと段落したサビ子の『ちえ』さん。
実はルチルより年下(推定約1歳)と思われます・・・。
性格はとっても大人しく、はじめての私にも威嚇なしでゴロゴロ言う甘えんぼさん。
ルチルに対しても特に何をするでもなく、先住猫がいても大丈夫な性格をしています(相性はあるかと思いますが)。
手間がかからないおりこうさんがいいわって人にも
あまあまのゴロにゃん子がいいわって人にも
ピッタリの性格をしています。

この子を家族に迎えたいと思った方がいらっしゃいましたら、フォームよりお問い合わせよろしくお願いします。
また、知り合いの方で、こんな性格の子がいないかしら~?って方がいたら、是非お伝え下さい

08-16

2011

福岡県管理センター

20110816.jpg
調度お盆休みに管理センターの見学会が開催されるとの事で、平日仕事の私にとってはそうそうないチャンス!…とばかりに、参加してきました。

以前ブログでも別のセンターを紹介したことがありますが、今回は稼動中のセンター…正直ビビっておりました

20110816-2.jpg
中はとても綺麗に掃除されていて、稼動していないセンターとの違いと言えば、焼却炉のような物が熱を放っていた…って所だけ。
手術室や処置室、他にはドッグランもあって、殺す為の施設から生かす為の施設へかわりつつあるのが実感できました。

20110816-3.jpg
譲渡会待ちの子犬もいて、ここに持ち込みなどで消える命があるなんて嘘のようで。。。
はやく、そんな時代もあったよね…って言えるようにしないとね。

20110816-4.jpg
稼動中の『ドリームボックス』


直訳すれば『夢の箱』

いったい、誰の、何の夢なのか・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。