暴れん坊であまえんぼ

ガラスと布と猫が好きなカイヌシと、爆走ヘソ天ゴロニャン娘の『ルチル』&いつでもハラヘリボウズ『チロル』の日常です

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05-08

2011

わんにゃんよかイベントと北斎展

福岡市西部管理センター 改め 福岡市家庭動物啓発センターでは、毎月第一日曜(今月は第二日曜でしたが)に『わんにゃんよかイベント』を開催しています。
犬のしつけ相談や、犬猫の譲渡会、動物への接し方体験の他に、犬舎(犬の収容所)見学が出来ます。

20110509.jpg

20110509-2.jpg
猫の世話の仕方体験コーナー。時間が決まっているのでおはやめに。

20110509-2.jpg
猫スタッフプロフィール。マロンは3本足なのですが、言われないと気づかないぐらい活発で、4本足の猫と一緒にキャットタワーをあっという間にてっぺんまで駆け登り、走り回っていました。動物の身体能力はすごいと実感。

20110509-4.jpg
ひとしきり遊んだあとは窓辺でまったりタイム。日差しの入る猫部屋・・・夢ですね

ここの犬舎は現在使われていない為、実際にどのようにして処分が行われていたのかを体験することも出来ます。
20110509-5.jpg
ドアを開けると、中にはいくつかの柵状の扉が・・・。

20110509-6.jpg
実際に犬舎に入った状態。中は壁と柵のみ。知らない場所の、この閉鎖的な空間に数日じっと入れられるだけの日々・・・それだけでもかなりのストレスでしょう。
この扉は動くようになっていて、一定の日がたつとどんどんせまってきます。

20110509-7.jpg
前から迫るドア。開く後ろの壁。こうなったら後ろに行くしかないですよね?

20110509-8.jpg
後ろの壁の隙間から入ったのとは反対の通路に逃げると、今度は横から扉がせまってきます。

20110509-9.jpg
どの犬舎もとじており、逃げた通路ではまた別の扉がせまってくる。また追われるように逃げるしかありません。
上部に溝のような物があるのがおわかりでしょうか?これがぐるりとあちこちについていて、電動で動く仕組みになっています(見学では説明上係りの人が手で押しています)。

20110509-10.jpg
通路の扉に追いやられると、目の前には蓋の開いた穴があるだけです。逃げ場は他にありません。
どんな犬も、みずから望んで穴に落ちるような事はないでしょう。・・・が、扉におしやられ、嫌でも穴に入るしかありません。

20110509-11.jpg
・・・すると、蓋がしまって・・・

20110509-12.jpg
これは扉を動かしたりする装置です。ここには穴にガスを送るボタンもあります。
1体1体麻酔をかけて安楽死させるのではありません。

20110509-13.jpg
穴を下から見たところです。
一定時間を置いて、ここから死体を回収し、冷凍庫で業者が引き取りに来るまで保管するそうです。
機械操作をしている間も、ガラスばりの機械操作室からは逃げ戸惑う動物達の姿が見えるようになっています。
(確認しなくてはいけないでしょうからね・・・)
死んでいる姿を見て、それを袋につめて移動させて・・・動物好き!ってわけではなくても、つらい作業だと思います。
この仕事についている人の中にも動物を飼っている人もいて、好きでこんなことをしているわけじゃない。
その人達がしなくても、結局は他の人がやらなくてはいけない現状。そしてこういう人達が今の仕事に留まってくれているおかげで、管理センターがかわって来ているのだろうと思った1日でした。

自分ちの子が迷子になってセンターに連れられて助けを求めながら恐怖の中でもがき死んでいく姿を考えて下さい。
名札や鑑札・注射記録票をつけるのは難しいことですか!?
リードをつけると散歩出来ないんですか!?

ちなみに・・・結構知らない犬飼いさんもいらっしゃるようですが、地域によってはノーリードは条例違反。さらに条例抜きで見ても飼い犬が何らかの害を及ぼした場合、民事訴訟となると賠償金なども発生してきます。
きちんとリードをつけ、飼い主も横にいて、それを見ず知らずの人が突然何も言わず触ってきて噛んでしまった場合と、ノーリードで飼い主も離れている状態で誰かを噛んでしまった場合の過失の割合を考えてみて下さい。
リードをつける・マナーを守るという事は、自分と飼い犬を守るためでもあるんです。

こういった動物保護活動に関わっていると、活動の詳細を知らない周囲の人達の考え方に『ん?』と思う事があります。
先日の博多どんたくでも、一番最初のナレーションの方が『動物愛好家の団体』と私達の事を紹介ました。

でも実際は、動物嫌いの人同様・もしくはそれ以上に野良犬・猫を減らしたいと思っているのが私達です。
大抵の近頃の保護活動家は繁殖させませんしね・・・。
無責任な餌やりさんは・・・繁殖活動家とも言える・・・よね?

20110509-14.jpg
最後にちびっ子にまじって鶴を折って来ました。
久しぶりで折り方を忘れていました

センターに行った帰りは北斎展!
福岡は500円で地下鉄乗り放題の日があるのです
今日はもちろん乗り放題day
20110509-15.jpg
博物館付近の建物で不思議な現象を目撃。部分的に霧でも発生してたんでしょうか?山でもないのに・・・。

20110509-16.jpg
博物館に入った途端、大きなだるまの絵が天井からつられていました。
パフォーマンスかと思ったら、そうではなかったようです。理由は北斎展でご確認下さい

20110509-17.jpg
展示内容は見ごたえがあってよかったです。
こんなにも年数がたっているのに、色が残っているってすごいなぁ。
画像は今回の北斎展で購入したグッズ。

20110509-18.jpg
貝や刺繍の入ったしおりと、少し小さめな猫のクリアファイル(三毛猫のしぐさが描かれています)。

20110509-19.jpg
『新しい敷物発見

それは敷く物ではなく、挟む物なんだけどね~。
スポンサーサイト

COMMENT

管理センター、こちらのブログで拝見するだけでも私にはかなりキツかったです。
昨晩は、また新しいノラちゃんを見かけ・・・
個人のチカラでは限界があると、改めて感じたところです。

北斎展、私も行かなくちゃ!
2011/05/09(月) 10:49:35 |URL|あや #- [EDIT]
北斎展は疲れるほど展示物がありました。
まだ期間があるので、是非♪

地域猫の正しい認識がもっと広まればいいんですけどね。
2011/05/09(月) 20:18:03 |URL|ちな #SFo5/nok [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。