暴れん坊であまえんぼ

ガラスと布と猫が好きなカイヌシと、爆走ヘソ天ゴロニャン娘の『ルチル』&いつでもハラヘリボウズ『チロル』の日常です

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08-20

2009

里親様募集記事の転載

小さな力でも、集まれば何かできるかもしれない。
そんな思いで参加をはじめた『アニマルレスキュー』
途絶えることなく、飼育放棄やブリーダー崩壊、野良達がやってきます。
そんな中から、ちょっとかわった里親様探しの記事を転載します。


ar3.jpg
時々ご年配の方が、猫を飼っていたが死んでしまい、また飼いたいが
年齢的に、自分に不安があるため飼う事が出来ないんです・・・と、さびしそうにおっしゃるのを耳にしたことがあります。

犬も猫も、その一生は10年~20年。保護した犬猫の命を託す『里親募集』では、迎えた犬猫を生涯手放すことなく飼育することが条件です。なので、ご年配の方にはお譲りできないと、最初から条件を決めている場合も、多々あります。

しかし、そのような方にこそ、かけがえのないパートナーとして、愛情をかける対象として、迎えてほしい猫がいます。


若く美しく、愛嬌たっぷりの甘えん坊、きんちゃん。

この子は元は人に飼われていたんだと思いますが、捨てられ、のら猫として生きてきました。
地域猫活動のための捕獲器に入り、去勢手術をし、怪我をしていた足を治療し、リリース予定でしたが、あまりに人間が好きないい子なので、もらい手を見つけようと『エイズ・白血病検査』をしました。

そこで、猫エイズ(免疫不全)が陽性だということが分かりました。もちろん、発症はしておらず、今は健康優良児。ですが、他の保護猫と同じ部屋に入れるわけにもいかず、一匹で狭いスペースに隔離保護をしています。
その部屋は、これからの季節どんどん暑くなり、体のためにもストレスをかけることも、きんちゃんのためによくないと、本当に心配しています。

そこで、タイトルに書いているような、本当は猫と暮らしたいけど、お年を召しているため躊躇している・・・そんな方が、きんちゃんと暮らしてくださらないだろうか・・・そう考えるようになりました。

もしも、ご自分の体調に不安が出たり、また、きんちゃんにエイズの症状が出たりした場合は、すぐに保護主である私に戻していただく・・・だから、先の事は不安に思わず、今現在のきんちゃんの毎日を、愛情深いものにしてくださって、また、飼い主さんご自身もきんちゃんといることで癒される。。。そんなパートナーはいらっしゃらないでしょうか。。。

そういう環境の、ご年配の方は、あまりインターネットを見ていらっしゃらないかもしれませんね。

『猫が飼いたいけど、体の不安がね~・・・』『猫が死んでからさびしくって・・・』
そういう、お父さん、お母さんの声を『だめだよ~!』『もし入院とかしたら、誰が面倒みるの!!』そういって、困ったことがある娘さんや息子さんはいらっしゃいませんか??

ご近所さんのお話でもかまいません・・・どうか、ここを読んでくださっている猫好きの皆さん。
あなたの周りに、きんちゃんの赤い糸がただよっていないか・・・見まわしてみてくださいませんか??

★なにかあったら、また保護主に戻す…そういう変わった形の幸せ探し・・・どうか、皆さん、応援してくださいね★




お問い合わせは、メールにて。。。 ar_happylife@yahoo.co.jp 小野まで
■猫エイズってどんな病気? ■

 猫エイズは人間と同じく、感染力自体はあまり高くない感染症です。
 「猫免疫不全ウィルス」と呼ばれるエイズウィルスが感染することによって免疫力が低下してくることが特徴です。しかしそのウィルスを持っているだけで症状が出ないこともあり、その時はストレスや体調に注意していればまったく発症しないこともあります。長い時はそのまま症状が出ずに10年を超える場合もあるため、感染はしているけれども猫エイズを発症せずに天寿をまっとうする猫も少なくありません。


 そのため、猫エイズの検査結果が陽性であっても「猫エイズ感染症」とは言わず、発症した時点で初めて「猫エイズ感染症」となるのです。

■どうやって感染するの? ■

 感染のもとになるのは、すでに猫エイズに感染している猫たちです。
 このウィルスはもともと感染力が弱いので、粘膜同士や血液同士など直接的な接触でうつります。空気感染などでは簡単にうつりません。一番多いのは猫同士のケンカによるものです。また交尾やお互い舐め合うことでもうつりますが、感染の可能性はケンカほどではないと言われています。


 一番多い質問は「人には感染するのか」ということらしいです。猫のエイズと人のエイズはまったく別のウィルスなので、人に感染することはありません。また、その逆もありません。



この子とのんびり過ごしてくださる方が見つかりますように。

他にもたくさんの子達がいます。
ar-0.jpg
なかなかハイパワーのビーグルの『びーちゃん』。
しっかりとリーダーシップがとれる方を希望です。
ar2.jpg
おむかえを待つちびっこ達。
今年は数十匹の子猫をかかえております!
rogo88-31gif01.gif
活動に興味のある方はこちらから~♪


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ついでにポチリとお願いします。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。